当院のご紹介

当院は、創業25年の小顔矯正院です。

※2016年2月現在
新宿から4分/東京・東中野にあります。

「小顔工房」は、厚生労働省の「あん摩マッサージ指圧師免許」を取得し、営業のための認可を正式に受けている施術院です。

当院が独自に開発した 小顔矯正法は、無痛の整体技術を使っています。

当院の小顔矯正について

まず最初に、当院で行っている施術について、お話ししておきましょう。

「小顔工房」は、厚生労働省の「あん摩マッサージ指圧師免許」を取得し、営業のための認可を正式に受けている施術院です。

免許を持っているのに、ホームページの中では、民間療法(無免許)的な「整体・カイロプラクティック・オステオパシー」などの用語を使用しているのは、小顔矯正の内容に対して、みなさんが、一般的な常識として、知っている言葉をできるだけ使い、理解しやすいような表現方法を選んでいるからです。

もともと、「あん摩・マッサージ・指圧師免許」というのは、 「あん摩」は、古代中国に起こり、日本に渡来した矯正 「マッサージ」は、ヨーロッパに起こり、日本に渡来した矯正、そして、「指圧」は古法あん摩、導引、柔道の 技法を合わせ、大正初期にアメリカの3大整体矯正など(カイロプラクティック、オステオパシー、スポンディロセラピー等)の理論と手技を取り入れて体系化された矯正ですから、人の身体各部に対する、おし、ひき、もみ、なで、さすり、たたくなどの手だけで行う世界中の矯正を操作することを許された免許なのです。

みなさんがこれからする小顔矯正は、20年以上も前からあって、体験談などを見てもわかるように、たくさんのファンを作っています。

たくさんある他のコースも同じように、知識的にも、技術的にも経験豊富なコースですから、楽しんで体験してください。

当院がしようとしている事

みなさんは、生まれてきた以上、「思いっきり活きてみたい!」と思っていると思います。

その時、何かが邪魔をして、生きにくかったり不自由を感じている人は、多いと思います。

小顔の事も同じで、このような不自由さのことを、当院では「ハンデ」と呼んでいました。

それは、元々が、小顔矯正 コースが始まった18年前、現在の小顔工房は、「からだの治療室」という、おそらく、日本で始めての「ハンデ専門」の治療室だったからです。

人の生きにくさ、不自由さは、小顔 も含めて体の問題、精神的な問題、そして、能力的な問題に分けています。

そして、その全てを何とかしようと始まった治療室でした。

第一シーズンと呼んでいる「からだの治療室」時代の 小顔コースは、前半と後半に分かれ、その前半には80歳近くの人や男性も小顔矯正を受けにやってきていました。

そして後半になって、45歳までの女性だけになり、今現在の第二シーズンで18歳~45歳までの女性専門の治療室になったのです。

なぜ?45歳までなのか?というよりも、「18歳から23歳が本当のターゲット年齢です」と書いてあることの方にその本旨はあります。
マッサージのようなソフトタッチの無痛の整体技術その年齢の人が一番困っているからです。

「24歳~45歳の人はオマケ」と書いてありますが、実際は、その人も同じように困っているのです。当院は、みなさんの応援をするためにつくりましたから、その考えは今でも変わっていません。

「思いっきり生きたいのなら、ハンデをどけてあげるから、思いっきり生きてごらん」

・・・それが、小顔工房なのです。

  • 当院のご紹介

    シンプルで、アットホームな雰囲気。
    お友だち同士で受けても大丈夫な、ゆったりとした広さの明るい室内です。・・・

  • アクセス

    JR線・東中野駅より、徒歩1分。
    線路沿いの、とても分かりやすい場所にあります。

  • Q&A

    よくあるご質問をまとめました。

ご予約は、お電話又は専用フォームから受付中!

03-3362-5387